美容専門学校はどんなところ?通いたい人が知っておくべき情報を徹底紹介

当サイトは美容専門学校はどんなところなのか、通いたい人が知っておくべき情報を徹底紹介しています。
これから美容師を目指すための学校選びを考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
美容の専門学校を卒業した後の進路にはどういったものがあるのかも、このサイトで解説しています。
さらに美容の専門学校の一般的なカリキュラムに関しても紹介しているサイトです。
どういった授業で、どのような職業に付けるのかを知りたい人におすすめです。

美容専門学校はどんなところ?通いたい人が知っておくべき情報を徹底紹介

高校卒業後の進路選びに迷っているため、美容専門学校についての情報を詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。
美容専門学校は、主に美容業界に進みたい人向けの学校です。
美容師資格を取得するのに近道であるため、多くの人が通っています。
大きく分けて昼間課程と夜間課程、それに通信課程があり最も一般的なのは昼間過程です。
厚生労働省によって規定されている内容が1400時間あり、それ以外の授業はそれぞれの学校によって異なります。

美容専門学校の入試で出題される内容

美容専門学校ではAOや推薦、一般、特待生などさまざまな区分の入試が実施されています。
しかし、一般的にはどの区分を選択しても面接や面談が実施されます。
美容専門学校は入学者を美容師国家試験に合格してもらい、サロンに就職させる使命を帯びています。
大半の学校では試験の合格率や就職率を公表し、ライバル校との差別化を図らなければなりません。
こうした背景があるので、明確な志望動機を持ち、美容師になりたいという強い意志を持った人に入学して欲しいと考えているのです。
これが、面接が実施される主な理由です。
同時にAOや推薦枠では高校での成績が、一般や特待生では学力試験での得点が合否の判断材料になります。
これらは、美容師国家試験に合格するための基礎的な学力があるかどうかを判断するために行われます。
一般入試における学力試験ではそれほど難しい内容が出題されるわけではありませんが、主要3教科の基礎的内容や一般教養、小論文や作文などが範囲とされます。
それに対し、特待生区分ではやや難易度が高い問題も出題される傾向があります。

美容専門学校で取得できる資格とは

美容専門学校で取得できる資格としては、「美容師免許」のイメージが強いですが、美容関連には他にもメイクやネイル、ブライダルなどさまざまな専門的なものが挙げられます。
まず、美容師を目指して美容専門学校に入学する方は多いですが、専門学校を卒業しただけでは美容師に慣れるわけではありません。
厚生労働大臣指定の美容師養成施設を卒業すると、受験が可能となりそれに合格することで取得できます。
美容専門学校でそのほか取得できるものは、ヘアメイクアーティストやメイクアップアーティスト、ネイリストやエステシャンのほか着付けやマナーなども含まれます。
美容師と異なり、ヘアメイクアーティストやメイクアップアーティストは国家資格の取得は必要ありませんが、さまざまな民間が実施している美容専門学校がありますので、自分にとって費用やカリキュラムなどどの専門学校が合うのかを事前に資料を取り寄せで、調べておくことをおすすめします。

美容専門学校で学べるスキルの種類

美容専門学校では、美容界で働くための知識や技術を学べます。
スキルの種類としては、まずは髪の毛に関する美容技術です。
カットやパーマなどの基本的な技術から顔の形や紙質に合わせたヘアアレンジの仕方、メイクアップにエステティック、ネイルアートなどがあります。
また、ブライダルの基礎からプランナーとしての営業力を学ぶことも可能です。
美容専門学校によって異なりますが、美容師を目標とする中でもスタイリストやマネジメント、ヘアメイクや目元をきれいにするアイラッシュアーティストなど、なりたい目的に合わせて学べるところもあります。
美容師は技術力だけでなく、お客様を相手にする仕事なのでお客様に気持ちよく美容室を利用してもらえるような接客力や、お客様の話を聞いてアドバイスをしたり希望を叶えたりできるカウンセリング力も重要です。
さらにお客様をよく見て好みのヘアスタイルを観察したり、スキルアップをするための忍耐力も必要なので、それらのことも美容専門学校で学べることが期待されます。

美容専門学校のサポート体制をチェック

美容専門学校への進学を考えているなら、各学校で異なるサポート体制にも注目してみましょう。
美容専門学校は様々なサポートで学生を支えています。
まず重要なのが知識や技術を身に着けるためのサポートです。
専門学校への進学を考えている方の多くは、美容系の資格取得を目指しています。
試験に合格するためには知識だけでなく、実技試験を合格するために技術も必要です。
授業だけではなかなか身につかない技術を習得するため、放課後などにカットやセットなどを講師が教えてくれる学校があります。
また、就職サポートがある学校を選んでおけば就職率が高くなるので安心です。
美容専門学校を卒業したから、必ず美容系の仕事に就けるという訳ではありません。
学校の中には美容業界とのパイプが太く、就職をサポートしてくれる所もあるようです。
この他にも学費をサポートを設けている学校もあります。
美容専門学校は昼間課程だと学費が、200万円~300万円かかります。
学校独自の奨学金サポート制度があれば、金銭的な負担が心配という方も進学しやすいでしょう。

美容専門学校の講師が受け取っている報酬額と教える内容

昨今は若い世代の間で、ヘアメイクアップアーティストという職業が大変な人気を誇っています。
映画やドラマで活躍をしている俳優のスタイル作りはもちろんのこと、街中の美容室でも活躍をされている方々のことを指す職業名です。
この仕事をするにはまず、美容専門学校に行かないといけません。
ここでは美容専門学校で働いている講師について、ピックアップをしていきましょう。
現役の美容師が講師をなさっており、報酬金額の相場は年間で約500万円前後となります。
ただし、この金額は専任となっている場合であり大半は自身のお店を経営しながらの副業というスタイルになります。
教える内容はカット技術の基礎から、カラーリングの方法・そしてメイク術がメインとなるのがポイントです。
それぞれ得意な分野を任されるので、ひとりでクラスのすべての講義を実施するということはありません。
多くの方は自身が卒業をした美容専門学校で働かれる傾向にあるのもポイントです。

入学するなら美容師免許取得とトータルビューティーを学べる美容専門学校

美容師にまつげエクステやメイク、ネイルやエステなど美容関係の仕事を目指すなら、美容師免許取得とトータルビューティーを学びスキルアップできる美容専門学校へ入学するといいです。
トータルビューティーを学べる美容専門学校は、無駄を省き学費もリーズナブルで経済的負担も少なく様々な資格取得も目指せます。
また美容専門学校は無駄を省いたカリキュラムで週3~4回の授業は、伝統的に知識に加えて時代のニーズにあった先端の 知識と技術を2年間で学ぶことができます。
さらに定員40名の少人数制の授業なので、一人ひとりに丁寧な指導を行っていて美容業界との連携により就職には強いので学生一人ひとりの個性や希望に合わせて就職できるまでサポートします。
そして講師陣はカットやメイク、まつ毛エクステやネイルにエステや着付けなど現在美容業界の第一線で活躍する経験豊富なプロたちが指導しています。
美容専門学校に興味がある方は、オープンキャンパスに参加したり資料請求してみることをお勧めします。

美容専門学校に入るためにはテストがあるのか

あこがれの職業の一つにヘアサロンやメイクアップアーティストなどの美容関係の仕事があります。
美容関係の仕事につくためには、一般的に美容師免許が必要となり、美容専門学校などに入学して取得するのが一般的です。
美容専門学校に入学するためにはテストがあります。
一般入試やAO入試や指定校推薦などがテストにあたります。
方法はそれぞれの美容専門学校によって異なっています。
試験内容はAO入試の場合は、作文や面接、書類審査で筆記試験はなく受験者の意欲をはかる内容となっています。
指定校推薦は門学校側が指定した高校に推薦枠を設け、高校側が抜粋した生徒が面接や作文、書類審査を受けます。
一般入試は特定の条件を満たせば、誰でも受けることができます。
面接に作文、書類審査が主な内容となっています。
その他高等学校長推薦入試や留学生入試などもあり、幅広い試験内容になっているケースが多くなっています。
筆記試験を課さない学校が多く、どちらかというと意欲やセンスに重点を置いているのでやる気があり、将来は美容関係の仕事につきたいのであれば、チャレンジしてみると良いでしょう。

高度なスキルを身に付けるなら美容専門学校のダブルスクール入学がおすすめ

アメリカのハリウッドで開催をされているアカデミー賞では、映画作品のサポートをおこなう方にも名誉ある賞が授与されています。
1998年に開催された際は日本人が初めてメイクアップ賞を受賞され、大きな話題となりました。
この年は空前の美容師ブームとなり、全国各地で数多くの美容専門学校が誕生するきっかけにもなったほどです。
今も若い方の間で人気がある職業ですが、少しでも高度なスキルを身に付けて世界で活躍をしたいという方も少なくないでしょう。
その際は、美容専門学校のダブルスクール入学をおすすめします。
一言で言えば、2つの学校に通うということです。
美容専門学校は施設ごとで指導をしている内容が異なり、それぞれの良さも違っています。
美容師はいかにしてスキルを磨くのかが成功のカギを握っているので、色んな講師の指導を仰ぎながら経験を積むことです。
ダブルスクールならそれを実現でき、新たな技術を生み出すきっかけも掴めます。

美容専門学校では卒業時に海外研修も実施しているところが大半である

ヘアメイクアップアーティストという職業をご存じでしょうか。
メイク技術だけでなくヘアスタイルを形作る技術を有している方を指しています。
街中にある美容室はもちろんのこと、放送局などでも活躍をされている方もいらっしゃいます。
非常にお洒落な職業なので、若い方を中心に人気があるほどです。
この仕事をするには必ず美容専門学校に通わないといけませんが、卒業間近の研修では海外に行ってスキルをさらに高めるカリキュラムも用意されています。
簡単に美容専門学校の概要を見ると、アメリカ・フランスといった美容大国に研修提携校を備えているところが大半です。
とくにフランスのパリで多い傾向で、現地のサロンで1週間程度業務を担って学ぶというスタイルになります。
海外だと国内と違った流行があるため、より見聞を広めるのに役立つことでしょう。
美容専門学校では希望者にはそのまま留学を推奨される場合もあるので、技術を磨きたい方にはおすすめです。