美容専門学校を卒業した後の進路は?

美容専門学校を卒業した後の進路は?

これから美容専門学校で勉強したいと考えている方が多くいるかと思われます。美容に関する専門的なスキルを身につけることができたり、国家資格が取得できるので、年間約1万9000人の方が美容系の専門学校を目指しています。美容専門学校も様々なところがあるので、よく比較した上でクオリティの高いところを選ぶことが大事です。2年間で200万円から270万円くらいかかるため安く抑えようとする方がいますが、安いだけで決めるのは避けなければいけません。 美容専門学校は卒業後の進路も大事なポイントです。資格を活かして美容師やエステティシャンになったり、化粧品メーカーに就職する人もいます。美容師やエステティシャンは最初は給料が低いのですが、高度なスキルを身につけて独立して上手くいけば高収入を得ることが可能です。自分の腕次第で数千万円以上の収入が目指せます。美容専門学校を選ぶ際は、進路も考えながら決めることが求められます。

業界に太いパイプがあるから美容専門学校の就職先は色々ある

美容専門学校を選んで入学し、その業界で働きたいと強い意志を持って学習しているのであれば、就職活動の時期にはある程度どの分野で働きたいかが決まっていることでしょう。ほとんどの美容専門学校では、1年生の秋頃にサロンが学校に来て説明会を行い、2年生に入ってから本格的な活動が開始されます。学校内でのガイダンスや外部での面接など様々な内容のものがありますので、積極的に参加することが大切です。美容専門学校の就職先で一番多いのは美容室なのですが、美容師の免許があれば他でも活躍することができます。例えば、ヘアメイクを専門的に行っている事務所や結婚式場などがありますし、メイクアップアーティストであればテレビ局やホテル、百貨店などがあります。ネイリストとして働く場合はネイルサロンや結婚式場が主な勤務先ですが、フリーランスを選び外部と直接契約を結んで働く道もあるでしょう。美容専門学校は業界に太いパイプがありますので、採用のためのサポートも万全です。